×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さくらのチョコレートパウンドケーキ

 もう直ぐ、小狼君のお誕生日なんだ。

 お誕生日の前の日にチョコレートのパウンドケーキを作るって、小狼君と約束したの。

 桜は家に帰ってくると、お菓子のレシピの本を観始めた。

桜(でも、でも、パウンドケーキを作るのって難しそうだよ。今回も、知世ちゃんに教えてもらいながら、作ろうかなあ?でも、たまには自分で作った方が良いのかなあ?とにかく、頑張って作ろ!小狼君、喜んでくれたらいいなあ!)

 桜はお菓子のレシピの本を観ながら、小狼の事を考えていた。

ケルベロス「何や、さくら、ニヤニヤして、何か、嬉しい事でもあったんかぁ?」

桜「うん!ケロちゃん、あのね、もう直ぐ、小狼君のお誕生日だからね、小狼君にチョコレートのパウンドケーキを作るって、約束したんだぁ!」

ケルベロス(はぁ~、聞かんかったら良かった!何や、また、小僧かいなぁ!)

桜「チョコレートのパウンドケーキを作るって、言ったらねぇ、小狼君、すっごく、喜んでくれたの!」

ケルベロス「おお、そうか!それは良かったな!今回も、ワイの分のパウンドケーキ、残しといてや~!」

桜「うん、解った!ケロちゃんの分のパウンドケーキ、残しとくね!」

ケルベロス「おう!解った!期待して待っとくさかいなぁ!」

桜「でも、まだ、材料は買ってないんだった!」

ケルベロス「何やとぉ?まだ、買うてないんかい!はよう、買いに行ってき!」

桜「うん、解った!じゃあ、今から、買いに行ってくるね!ケロちゃん、御留守番、宜しくね!」

ケルベロス「おう!任せとき~!」

桜「じゃあ、行ってくるね!」

ケルベロス「おう、行ってき~!気をつけてな~!さくら!」

 桜は自分の部屋を後にした。

桜(さくら、パウンドケーキ、頑張って作るから、小狼君、待っててね!)

終わり

Index Top Gallery ダウンロード